05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

ミニシューモールド 杉・ビルマチーク

この数日はミニシューモールドばかりの

紹介になっててすいません。 (^人^)

仕事帰りの数時間の作業に丁度いいもので・・・



今回は削りやすい材木を使ってみました。


201506242339396e9.jpg


左が杉で右がビルマチークになります。

杉は柔らかくヤスリを掛けるのが容易

チークは導管が荒く色を入れた時にどう仕上がるか

わからないので試しに。



201506242339402c6.jpg

足型に加工したら足底を合わせて横から見た

下書きを左右同じようになるよう描きます。



2015062423394185d.jpg


下書きを見ながら足首部分の加工。

とにかく小さいからプレスでしっかり固定しないと

ズレたり怪我したりしますよ〜 (ll゚д゚ll)




20150624233957efb.jpg

荒加工中は下書きが消えてしまうので

左右の形を合わせながら削っていきます。

hiroakingは機械で削る事ができますが

皆さんはそうはいかないでしょう、彫刻刀や

ナイフやカッターなどでカットとなるとなかなか

大変かも、実際hiroakingも刃物で削ってみましたが

小さいし木目があるので難しかったです。

このサイズなら荒いヤスリで根気よく削るのが

いいとおもわれます。 (;^_^A




20150624234000a41.jpg


最後は目の細かいヤスリで綺麗に形を整えて

土台の完成です。

ひたすらヤスリ掛けしるので手指がおかしく

なってしまいそうです・・・



20150624234002e43.jpg


木粉粘土で作った方が楽だろ!

なんて言わないでね・・・


仕上がりは断然こちらの方が質感があって

カッコいいですから〜 (。>ω<。)ノ




本当は木粉粘土の自由度が羨ましいと
思っている・・・

tb: 0 |  cm: 0
go page top

靴の木型 ミニシューモールド アンティーク調

この数日はミニシューモールドの製作を

続けていています。


今回はもう少しリアルなアンティーク調の仕上がりを

目指す事にしましたよ!






木型が出来た後わざとにキズを入れたりして

カラーオイルでそのキズ跡に色を入れました。


201506242338343aa.jpg

左は未加工で右が加工済みです。

こうして見比べると使い込んだアンティークな

雰囲気が出ていると思います。(´◡`๑)




201506242339152ac.jpg

その後は穴を開けて紐を通したり、スタンプを

押したりして完成!


20150624233916aac.jpg

◼︎ ミニシューモールド A35㎜
素材:桜
仕上げ:アンティーク調オイル塗り




201506242339184b1.jpg


◼︎ ミニシューモールド B32㎜
素材:桜
仕上げ:アンティーク調オイル塗り




ここまでできれば商品として販売できそうな

気がしてきましたがどうでしょう?

サイズが小さいかな?

形がいまいちかな?

よかったらコメント下さい! ヽ(´∀`)ノ


ほかにも違う木の種類で作って行きますね〜!




よかったら↓ポチッと押して行って下さい(^人^)



今日はついてないみたいで、ご飯茶碗とグラス
どちらもお気に入りの物を割ってしまいました・・・
(xдx;)へこむは〜
tb: 0 |  cm: 2
go page top

靴の木型 ミニシューモールドの製作

木型に着いて調べていたらDIYされている方が

結構いるようですね、その中でも木粉粘土で

作るのを多くみかけました。

小さな木を刃物を使って削るのはなかなか難しいし

怪我をするかもしれません、それを考えると粘土

での製作は容易で人気なのでしょうね。


では、木製ミニシューモールドの製作過程をご紹介!

(^O^)/ (今回は自作される方へのアドバイス付)


まずは靴底の型を厚紙で作って表と裏で

左右の靴底型を木材に写し描きして糸鋸で

切りだします。

(今回は3.5㎝の小さい木型なので手作業の場合は
固定するクランプなどあった方がいいかも)

20150619234303d2b.jpg

ヤスリで形を整えたら次は左右のバランスを

合わせながら足の形に削り込みます。

(カッターや彫刻刀で削る場合は柔らかい材木を
使った方がいいと思いますよ!)


201506192343311ab.jpg


ザックリと削ったら後はひたすらヤスリで

綺麗な曲面になるように削ります。

(最初は粗目の#100・#120で削り最後は
#240・#350で仕上げればいいと思います。
時々左右の対象のチェックを忘れないようにね。)



2015061923433370e.jpg

ただ木を削っただけではつまらないなので

穴を開けてハトメ金具を埋め込みました。

本当はもっと小さいハトメにした方が

雰囲気が出るけど持ち合わせがこれしか

なかった・・・ σ(^_^;)


(穴を開けるだけでもいいし、スタンプを押したり
してみては?)



201506192343362a5.jpg


出来上がったら最後にオイルを塗って仕上げ

ます。

オイル有り無しでこれだけ見た目が変わるんですよ!


(素地か好きなら塗ら無くてもいいし、オイルじゃなく
カラーニス塗りでもなんでもお好みでOKです)

20150619234351410.jpg

◼︎ ミニシューモールド 3.5㎝
素材:ウォールナット ハトメ金具
仕上げ:オイル塗り




201506192343534d4.jpg

◼︎ ミニシューモールド 3.5㎝
素材:桜 ハトメ金具
仕上げ:オイル塗り


木粉粘土には無い木目がいい感じですよ!


このぐらいのサイズならちょこんと棚に置いて

飾っても良いしヒートン金具を付けてぶら下げ

たり、アクセサリーとして鞄に付けたりして

楽しめるのでは?と思っています。

(自分で作る場合はくれぐれも怪我をしないように
してくださいね!)




ranking

ザックリとした説明ですが参考になったかな?
小さ過ぎて作りにくい場合はサイズを大きく
した方が良いかもね!

参考になった・もう少し詳しく!とか何でも
いいのでコメントよろしく。(´▽`)b♪オールオッケィ♪

tb: 0 |  cm: 0
go page top

靴の木型

先日はペンダントトップを沢山作ったし〜

なんだ〜オシャレなアイテムとか何がある?

オシャレは足元からなんて言うし・・・

靴なんてのは?

木の靴?

いらねぇよな・・・

なんて考え込んでいた時に思い浮かんだよ!

いつもブログを見てくれているR*eikaさんの

作る小さな革靴のアクセサリーみたいな可愛い靴を!

でもすぐに木じゃ無理やろってなったけどね・・・

だったら靴の木型ならどうだ!

木を削るだけでいいぞ! ヽ(´∀`)ノ



後は勢いで行け〜って作りました。

20150619234333283.jpg

R*eikaさんから頂いた靴と一緒に並べて

みました。


桜の木の木型です!

オイル仕上げでツルピカです。(^_^;)

少しダメージを入れてアンティーク調に

した方がよさげだね。


20150619234335f63.jpg

こちらはウォールナットの木型

渋い、オトナの雰囲気を感じる ( ´Д`)y━・~~



次はもう少しリアルな形にしてみようかなと思ってる。



ranking

製作中の写真を載せてなかったやん( ´д`ll)
せっかく撮ってたのに・・・
tb: 0 |  cm: 0
go page top

「tedasuke」

ネーミング決めました!

「tedasuke」

重い荷物の入ったレジ袋などの持ち手が手に食い込んで

痛くなりますよね。

荷物を軽くする事はできませんが手の痛みを和らげてくれる

商品なので「手を助ける」そのまんまのネーミング・・・( ´艸`)


ブロガーのK-1さんからいただいたkakehashiはとてもいい

ネーミングでしたが商品の内容を超えた優しさがありすぎて

期待に応えれない気がしまして色々と悩んでこのネーミングに

なりました。

「手助け」の表記ではオシャレではないのでK-1さんの

アイディアをお借りしてローマ字表記に!






20150607235616478.jpg


先日の試作品はタモ材のみで作っていましたが

商品はこちらの2色のツートンカラーにしてみました。


メインはメープル材でアクセントにウォールナット

イエローハート・パープルハートを使っています。


持ち回る物なので汚れが付きにくいようにクリア塗装

仕上げでいつものオイル仕上げとは違い艶のあるキラッと

した木目が美しいですよ。


ranking

K-1さんごめんなさい、せっかく頂いたネーミングを
使わなくて・・・
でもkakehashiって名前が付けれるような人と人が
繋がるような素敵な商品を作ってみたいと思いました!
tb: 0 |  cm: 2
go page top

アクセサリー 試作品と・・・

先日紹介したアクセサリーの他に

試作で作った物が幾つかありましたので

ご紹介いたします! ♪( ´▽`)



20150607235550903.jpg


スクエアタイプの間にクロスのラインをいれて

みたりしています。

下の列はストレートタイプを削り丸みをもたせました。


手間をかければバリエーションが増えていいですよね!

沢山あればお気に入りを探す楽しみも増えますし。




20150607235551225.jpg


こちらは今回のアクセサリーを製作する最初の試作品

クロス型の物を作ろうかと思いましたが

よく見かけるのでクロスライン入りにしてみました。

思ったほど良さがない気がしたので仕上げたのは

この3個だけ・・・




201506072355548ef.jpg


他にこんな物も・・・

最近は良く見かけるレジン、3年前ぐらいに買った

レジンがまだ残っていたので試しに使ってみたよ!

左はレジンの中に木屑を混ぜてみた物

右は何も入れていないクリア仕様です。


使ったレジンの硬化時間が長く木屑を入れて

かき混ぜて放置、次の日見てみたら木屑が

沈殿していて失敗・・・

何も入れていないクリア仕様の方が作りやすいね。







ranking

毎回数個しかイベントでならんていないネックレス
次回はこれらがずらりと並べられる事になります!
お楽しみに〜
なんて言ったけど次回のイベントっていつだよ・・・
(*´ω`*)ゞ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アクセサリー仕上がりました!

なんとか仕上がりました〜!

とは言っても塗装の事だけどね。

この後は金具と紐の取付けが残ってますが

今すぐ販売するわけではないからボチボチ

やって行こうと思っています。


ただ並べて撮った写真ですがみてください! ヽ(´∀`)ノ


20150607235524a5d.jpg


3種類の木を組み合わせたステックタイプのアクセサリー

同じ組み合わせにならないようにしていますので

世界に一つだけの商品です!

実際は同じ組み合わせにしても天然木の木目と色味で

風合いが違うからやっぱり世界に一つだけに

なるんですけどね・・・ σ^_^;



20150607235525273.jpg



こちらは、4種類の木の組み合わせ!

今回のなかで一番大きいサイズになります。

厚み8㎜×幅16㎜×長さ32㎜

ステックタイプの倍の大きさです。


大きいぶん木目の柄が目立ってなかなか

いい感じですよ!


このタイプは平らな面が広いから一番塗装が

難しかった・・・

歪みのない塗膜を作るのに、とにかく平らに

磨き上げました、おかげで人差し指がおかしく

なったよ・・・ (xдx;)

(1週間ほど違和感が・・・)



20150607235527a5e.jpg


こちらは可愛いスクエアタイプ!

2・3・4種類の木の組み合わせになってます。


気になる組み合わせがありますか? (^_^)


これは⬛︎と♢型の向きの2パターンのぶら下げ方が

できるから金具付けの時に悩みそうですね〜




2015060723552851c.jpg


他にも変わった形の物を幾つか作ってるので

また後日のせます!





こちら↓ポチッとよろしくお願いします。

ranking


金具付けが終わったら見栄えの良い写真を
撮らないといけないね〜
アクセサリーなんだからオシャレに写さないと
良さが伝わらないと思う! p(´∇`)q ファイトォ~♪


お客様へ
商品のお問い合わせ又ご購入を頂き
ありがとうございます!
気に入ってますなどの嬉しいお返事
とても嬉しいです。
より良い物を今後も頑張って作っていきます!


tb: 0 |  cm: 0
go page top

地層ではなくて・・・

あれやこれやとアクセサリーの材料を加工。

昇降盤の中に切り屑が一杯溜まったので

掃除をするのにカバーを開けたら見事な

木屑の層が出来上がってました! (´◡`๑)



20150607235431f2e.jpg


木そのものの色が違うから、こんな面白い事に

なるんだよね〜


これを見てみたいがばかりに、普段は集塵機を

使って加工機に木屑が溜まらないようにしてますが

今回はわざと使わずに作業してみたのであります。


面白い画は撮れましたが加工中は粉塵が舞って

大変な思いをしましたけどね・・・ (xдx;)




20150607235433d48.jpg


ふわふわで食べたら甘そうな新しいスイーツのようだね。

いつもは鰹節みたいなのに ( ´▽`)


見方を変えれば楽しい事だけど、実際は小さな小物や

アクセサリーは材料のロスの割合が高いと言う事に

なるんだよなぁ〜


なんだかもったいない・・・

何かに使えないもんかね。

貧乏性のhiroakingであります。(* ´_ゝ`)





ranking

例えば単純な話し、3㎜のノコの刃で3㎜の材料を
切り出したら同じ材料分は木屑となりゴミとなる。
その3㎜の材料をハート型にでも加工すれば
切り落とされた物はほぼ使う事が出来ずにまた
ゴミとなる。
なので材料は出来上りの量の倍ぐらいか
物によればそれ以上でもあります。

資源は大切にと心がけていますが、物を作り
あげるためには致し方ない。
だから作品は大事に愛されるような物を作って
行かなければならないと思っています。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アクセサリーの塗装

アクセサリーにクリヤー塗装をしてみました。

まぁ〜 これが難しいのなんの・・・ (ll゚д゚ll)

使用したクリヤーが2液製油性ウレタンで

黄変がなく強固な塗膜で透明度がとても良く

性質は申し分ない物だけど使いづらいです。


まずはガンで吹いてみましたが希釈の度合いが

悪いのか吹いた表面が梨肌になる・・・

2液製なので乾燥しやすくエアーの量が多いいと

ダストを引き起こす始末。

あれこれガンの調整や希釈の分量を変えてみたけど

結果ぼってり吹き付ける事に・・・



次は刷毛塗りで挑戦!

特に失敗は無く普通の塗装と変わらない、当然刷毛むらが

出るのとチマチマと塗って行く作業で数があるから

はかどらない。

吹き付けより塗料は少なくてすむけどね。


最後に思い切って物が小さいから塗料にどぶ漬け!

当然何処かに垂れ溜まりができる・・・


その結果がこちら↓


201506072355226c1.jpg

左下は梨肌・右側の方は垂れ、光の反射で確認すると

よくわかるね〜

これでは売り物には出来そうにない・・・

アクセサリーだからとにかく綺麗に仕上げたい

この後、数日あれやこれやと試す日々が

続くのでした。





ranking

連日のウレタン塗装で作業場が臭い
hiroakingも臭い・・・ (>_<)
油性の塗料を使うときはみなさん換気に
気をつけましょう!
ちなみに使っている塗料は1週間ほどしっかり
乾かせば食器などにも使える塗料なので安心♪

tb: 0 |  cm: 0
go page top

コーヒー豆用スプーン 試作3号

コーヒー豆用スプーンの試作品3号です。



2015060723550592a.jpg

結局1号の形に戻しました!

やはり、最初のインスピレーションてのが

大事なのかも・・・ σ(^_^;)

何かにとらわれてデザインが変わってしまう時は

時間がかかると必ずもとに戻って行く事が多い。

新しいデザインに変わる時は案外早い段階で

ふと出来上がる。

hiroakingのデザイン能力は柔軟性が無いと言う

事になりますね・・・


話しがそれましたね〜




サイズの方も大きくして使えるようにしたので

試しにコーヒー豆を入れてみます!



201506072354591ea.jpg


こちらの豆入れはフタ一杯が一人分となっています。

約60粒入っています。


20150607235501bc7.jpg


3号目のスプーンに移し変えてみると約半分入りました。

と言う事で、このスプーン2杯で一人分ですね。

1杯で済ませるには倍近い大きさにしないといけない

となると、このデザインではバランスが悪くなるかも

しれないね。


20150607235502835.jpg

カップの大きさが同じに見えるけど容量が半分

底細なのと木製のため厚みがあるからなのです!

(堂々と言う事じゃないや・・・)




*オマケ画像

20150607235505dea.jpg

CAFE'202のコーヒーミルはこちら↑

すり鉢だったりする( ´艸`)




ranking

普段豆は挽いてもらってるからミルを
買っていない、買うならかっこいいのが
欲しい!
オススメがありましたら教えて下さい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

古い木製建具

古い木製の窓をアルミサッシに入れ替えで出た

建具です。

20150607235427ff6.jpg


昭和初期から戦前ぐらいの物でしょうか?

外部の窓なので雨風にさらされて外部下部分が

だいぶん傷んでいました。

並べて写真を撮った物は風通しの良かった場所に

あったようで、まだ使えなくはないのですが

廃棄となりました。

201506072354292d5.jpg

なんとなく捨てるにはもったいなく思いこれだけは

残してみる事にしました。


懐かしいネジ式の鍵に南京錠を掛ける金具と

なかなか雰囲気のいいレトロ感ある立派な

建具ですよね! ♪( ´▽`)



作りも良く材料も良さそうなので、廃棄分の建具の

使えそうな部分を切り出して加工してみました。

上面をプレーナー掛けしたら元の材料の姿があらわに

なりました!

クリアのニスが変色か着色していて加工前はケヤキの

ように見えていましたが、どうやらナラ材のようです。

多分・・・



20150607235430734.jpg


何かに使う事が出来ないかと悩みながら

目的もなく小さな枠を作り元々入っていた

昔の型板ガラスをカットして、10㎝角の小さな

建具を作ってみました! σ(^_^;)


さて、作ってみたが本当何に使うかな・・・

行き当りばったり作ったり〜




ranking

今回の工事のおかげで大小2種類の波型をした
型板ガラスが手に入りやした〜!
以前作って完売したガラス扉の棚がまた作れる
と思います。
大きい物が無いかよく訪ねられていたので
こしらえてみようかな。 ヽ(´∀`)ノ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アクセサリーの製作

アクセサリーに使う木の種類、8種類って書いてたけど

本当は9種類でした! ♪( ´▽`)


そもそもこんなに多くの材料を使うきっかけになったのは

お世話になっている「杜の舟さん」の影響と言うか

作略にはまったと言うか・・・


杜の舟へお邪魔した帰りに「これ使ってみなさい」と

宿題のように変わった材木をいただいて帰る事が

ありプレッシャーをかけられてましてσ(^_^;)

小物を製作する機会が増えました。


おかげさまで多種の材木を使う楽しさをしりました!

せっかく木と言う天然素材を使うのですから着色せずに

そのままの風合いを感じられるなんて良いですよね。




20150526023621b46.jpg




同じ柄にならないように組み合わせて接着し

寄木にしました。

時間を掛けて細かな寄木細工も素晴らしいのですが

シンプルで可愛い物にしたいのでこんな感じに

なりました!



2015052602364547d.jpg


ここまでは今までの小物作りのおかげで難しい事は無く

手間が掛かるだけで終わりましたが、この後の作業に

問題が・・・


今回はアクセサリーだから綺麗に仕上げたいので

いつもはオイルを塗り込んで仕上げていましたが

やり慣れないクリア塗装をする事にしました。


これから大変な思いをする事になるなんて

この時は思ってもいませんでしたが・・・ (>_<)





ranking

もう梅雨入りしたのかな?
この時期は調子が悪くなりやすいみたいで
憂鬱な日々が・・・
そんな辛い時には新しい作品のアイディアを
考えて気を紛らわすに限る。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

色とりどりの木

今まで作ったアクセサリー、種類や数が少なかったで

新しく追加しようかなと!


CAFE'202はメインカラーとしてウォールナットと

メイプルを使っていますが、アクセサリーも同じ材でと

なると、全ての商品を並べた時に同じ色合いでしかも

小さいので目立ちにくいかな?


そんな思いがありまして今回はカラフルなアクセサリーを

作ります!




20150526023620bb6.jpg


いただき物のカラフルな材料も底をついたので

思い切って材料を購入!

今回は8種類の色の違う材種を使います。

全て木その物の色、世の中にはいろんな色の木が

あるもんですね〜 (´◡`๑)



ranking


これらの材料はビックリする値段!
ウォールナット材を最初に買った時は高級家具などに
使われるだけあって高いな〜なんて思っていたけど
今回の材料はその何倍いや何十倍とする・・・(ll゚д゚ll)



tb: 0 |  cm: 0
go page top

コーヒー豆用スプーン 試作品

こちらは1作目のコーヒー豆用スプーンです。

20140428160414025.jpg


イベントでドリッパーの横に飾りとして置いて

いたのですが、よく目にとまっているようで

スプーンの製作をしてみようかと思いました。



デザインは自分好みで気に入っていますがなかなか

作るのが難しい!


数を作るためにも製作しやすいようデザインの見直しを

してみました。



20150527214757aca.jpg


カップと柄の取り付け部分を真鍮のワイヤーから

プレートに変更してみました!


真鍮部分が目立たなくなってしまったような・・・


201505272147581eb.jpg



カップ部分への金具の取り付けはビス止めで

容易になったものの、柄に取り付けるのがこの

やり方では難しいですね〜 σ(^_^;)


なんか最初の方が良かったのかも・・・




商品開発と言うのは大変ですなぁ〜

つい変わった物を作ろうとしてしまう

おかげで試行錯誤に時間を要します。


普通のスプーンでも良いのだろうが

ついこだわって面倒な事をするhiroaking

なのであります。
(* ´_ゝ`)フッ



ranking

質問・疑問・応援はコメントから
商品のお問合せはメールフォームにて
お願いします!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 2台目 その7

ウクレレ 2台目 完成! p(´∇`)q ♪

長らくお待たせしました2台目製作最終回

見て行ってください。



最後に弦を張って弦高の調整とフレットの調整終え

やっと音を出せる様になりました〜♫

演奏はまだ練習しないとダメですがポロンポロンと

弾いて楽しんでいます。


20150601231142a04.jpg

◼︎ ウクレレ 2台目
ボディー :トップ:メイプル
バック:ウォールナット
サイド:桜
ネック : ペルポック
指 板: 黒檀
ヘッド: メイプル
サドル:黒檀
ブリッジ:メイプル
ナット:メイプル

トップのメイプルの寄木の板の木取りがあまり良くなかった

ですね〜

塗装すると木目の境目がハッキリとわかってしまいました。




20150601231146e7b.jpg

バックの感じは1台目とあまり変わってないような・・・

せっかくなので2つ並べてみましょう!

20150601231148dee.jpg


右側が1台目で左側が2台目

1台目のトップの栂の板の具合は良かったのですが

やはりサウンドホールの大きさが小さくて見た目の

バランスが悪いです。 (^_^;)


2台目はボディーのサイドの幅が1㎝小さいためか

音の響きが短く音量が小さくなった感じがします。

(同じ弦を買ったつもりが間違っててはっきりとした
違いを確認できませんでした、今度張替えてみます。)


まだまだ素人レベルなウクレレ作りで気になる所が

いくつもあります。


それでもちゃんと音は鳴るし、ひとつひとつ手作りした

ので愛着がり気に入ってますよ! (´◡`๑)




ranking
↑ポチっとよろしくです!


これと言った作り方の説明もなく長々とした記事て
すみません。
これ見てウクレレの製作の参考になったりするかな?
(きっとならないでしょうね)
何かありましたら気軽にコメントしてください。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数