FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

ウクレレ3台目製作 その3

そうそう、サイドを作るに当たって使う

プレスは最後のボディの組み立てを考えて

最低70㎜以上の締め幅が必要で15個ほど

使っています、サイドの工程を2回にわけても

10個はあった方がいいかもね。


さて、次はサイドの板が乾燥したらプレスを

外す前に型板から飛び出た部分を綺麗に

カットします。




201502091054067b4.jpg


カットした後型から外してみました。

外さなくても次の工程に進めます!

外して平らな面に置いてみると若干のねじれや

戻りが出るのがわかります。


2015020910540795f.jpg


↑左側の上の曲面がテーブルから少し浮いて

光が漏れているのがわかりますね・・・


でも最終的に型板に入れて箱組みするから

これぐらいなら大丈夫だと思いますが

こうならないぐらい綺麗に作れるように

なりたいですね〜 σ(^_^;)



20150209105432a30.jpg


次はサイドの板を繋げます!

補強材の高さはサイドと同じで上はネックの

幅と同じ(ネック幅45㎜)か少し大きくして

おくとネックの取付けがうまくいきます。


下は底の平らな部分に合わせてサイズを決めます

今回の型は30㎜ぐらいにしています。


ここを曲面にしたい場合は補強材も同じ曲面に

削る必要があります、なかなか難しいから

平らな方が無難です。


板厚は私は10㎜程度にしていますよ!



2015020910543397c.jpg



補強材が用意できたらボンドで接着します!

ボンドは木工用ボンドでもいいと思いますが

私はタイトボンドを使用しています。

接着面に綺麗に塗り伸ばして貼り付けます!

ケチらないようにね!( ´艸`)

私の型板は高さが低いので枠から外して

作業しています、なのでねじれが出ないように

慎重にプレスで固定します。

平らなテーブルにしっかり押し付けて

サイドのカット面をピッタリひっつけるように

すれば大丈夫なはずです。


くれぐれも表面に飛び出たボンドは素早く

濡らしたウエスでしっかり拭き取りましょう

内側も同じく!


この状態で1日は放置してからプレスを外せば

サイドの連結の終了です。


ウクレレの組み立ては全てボンドによる接着です

だからあわてず時間をかけて作りましょう。

焦りは禁物です! (`・ω・´)ノ


接着待ちの間は他の作業が色々とあるから

結果何か作り続けているから大丈夫。

ボディのトップやバックにネックや指板

いっぱいあるな〜 ( ´д`ll)




暑っ〜い!
30分毎に小休憩、1時間も動き続けれない
この時期の外仕事は地獄だね・・・
水分補給のしすぎでお腹壊すほど飲んでるよ。

スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ3台目製作 その2

木型が完成したら、早速ボディの製作!

ボディーのサイドを作っていきます。

材料は手持ちの中でチークが使い易かったので

今回も同じで行きます!

材料があればローズウッドを使ってみたい所

ですが・・・





2015020910534396e.jpg


型板から長さを測り余裕をもった長さで

加工します。

幅は60㎜で厚さは2㎜です。



20150209105402a7f.jpg


厚ければ曲げにくいし、薄くするには機械では

これが限界、あとはカンナで削るしかないです。


木取りは木目が真っ直ぐ通っている物を選んで

使わないと曲げる際に割る事があります。


いきなり本番より端材などで何度か練習が

必要かもしれません、hiroakingもまだ

完璧に曲げるのは難しいです。σ(^_^;)




20150209105403050.jpg


サイドの板はベンディングアイロンを使って曲げる

のですが、そのような機械は持っていないので

hiroakingは鉄パイプとヒートガンを使って曲げています。

人によってはスチームアイロンを使う方もいるみたい。


曲げ方の原理はスチームで蒸した板を冷めないうちに

手早く型板の形に合わせて曲げて型板に固定して

乾燥させます。




201502091054055e0.jpg


この形だと1発で3箇所の曲線に合わせるのは

なかなか難しく何度も蒸しては曲げと繰り返し

型に合わせています。

型板の外側を真っ直ぐカットしておいたので

クランプが掛けやすいですが、内側は曲面なので

当て木を挟んで隙間なく型板に固定します。

クランプの締め過ぎでサイドの板に締め型が

つかないように気をつけるのと型板の厚みを私の

ように薄くした場合はねじれが出ないようにも

しましょう! ( ´ ▽ ` )ノ




毎度の事ですが火傷に注意しましょうね!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数