FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

アンティークの椅子

座面の受けがうまく取り付けできたので

次は座面を作ります。


20151007153700afd.jpg


ベニヤ板をベースにウレタンチップとスポンジ

をクッションにそしてベロア生地を座面の形に

カットして作ります。


実際使った生地はベロアとはちょっと違う生地で

あまりギラギラしてない品のある物です。

お店でみたベロアの生地とこの椅子の組み合わせ

だと似合わない気がしたからね!

選んだ生地の種類を忘れてしまったけど

値段がベロアの7倍ほどしました・・・(ll゚д゚ll)



20151007153702f3f.jpg


クッション材をベニヤにのり付けして

生地をしわが出ないように巻き込みます。



20151007153703ed8.jpg

生地が薄くて柔らかいのであまり引っ張らない

ように注意してタッカーで仮止めして

表の具合をチェック!

おかしい所は修正しながら整えて最後に

これでもかとタッカーでギッシリ固定します。


後は椅子に取り付けるだけです!



20151007153705978.jpg


◼︎ アンティークの椅子 座面張り


座面受けに座面をビスで固定して完成!

写真では分かりにくいですが座面の生地は

起毛で肌触りが良く椅子の風合いに合った

落ち着きのある仕上がりになりました。



2015100715372255f.jpg


座面受けはしゃがんまないと見えないですよ!

ビフォーとアフターを比べて見ても

この仕事の苦労は感じ取れないだろうなぁ

さて、気に入って貰えるかな!?




今回のようにリペアーなど頼まれる
事がたまにあるけど、お客様の大切な
品物を預かり手を付けるのはいつもの
作品作りと違う緊張感があるね。 ε-(´∀`; )

スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top

アンティークの椅子

座面の無いアンティークの椅子を

修繕して欲しいと頼まれました!


201510071536065f6.jpg

こちらの椅子なんですが座面の縁に沢山

穴が開いています。

どうやら籐か何かを編み込んだ座面だった

みたいです。


お客さんの要望はピアノの椅子みたいな

布地にしたいとの事。

ベロアってやつかな〜





20151007153607a29.jpg


新しくクッション入りの座面に変えるために

縁の加工が必要なので一度分解していきます。


2ヶ所ほどマイナス頭のビスで固定してあり

あとはホゾにボンドを入れてありました。

年数の経った塗装は浮き上がりあまり

強く触ると剥げ落ちてしまうのでやっかい・・・






20151007153633d88.jpg



うまく外れて、まずは穴の開いた部分は不用なので

切り落としました、こうやってしまったら後には

もどれませんねぇ〜 f^_^;)




20151007153636d13.jpg


次は座面受けの材料の加工です。

裏面に縁の曲面にあわせて材料を削り合せ

少しでも後付けの違和感を無くしてみました!




2015100715363895a.jpg


座面を元に戻して組み上げます。


20151007153639fae.jpg


ボンドとビスでしっかり固定!

座る時の衝撃に耐えれるかは座面を付けて

みないとわかりません (´・ェ・`)


20151007153659c6a.jpg


これでやっと座面を乗せる準備が整いました!





そう言えばまだ木製の椅子を作った事が
無いなぁ〜
本格的な家具を作る事はそう無いだろうから
スツール的な木製の椅子ぐらいは作って
みたいではいる・・・

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数