01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

鐘の音

小さな鐘の音がしだいに大きくなってきた。

カラン〜!

カラン〜!

飛行船の進む先に見えるあの島から

聞こえている。


201602190101312aa.jpeg

■ 浮き島 「教会」


カラン〜♫ カラン〜♬

島には大きな建物がひとつ、そしてこの音は

その建物に備えられた鐘から聞こえていた。



幸せの鐘の音色だろうか?

hiroakingの心が暖かくなる。

人生で一番幸せな時を迎えている

二人が居るんだろうな〜♪




2016021901013303d.jpeg


さて、邪魔しては失礼なので先へ進もう!





昨日はお店をお休みして雪で枯れてしまった
プランターのグリーンの植替えをしました!
全てKANATAやってくれたよヽ(´∀`)ノ
ありがとね!



tb: 0 |  cm: 0
go page top

安全祈願

飛行船が風を切る音しか聞こえない

静かな空を進んでいた・・・



しばらくすると その音は掻き消され

静まりかえり不思議な空気がはりつめた。



そしてこの空間の中にまたひとつ

浮き島が現れたのだった・・・



・・・何処か見覚えのある光景だ

飛行船はそこへ吸い込まれるかのように

どんどん近づいて行く・・・




201602190100373f8.jpeg


■ 浮き島 「神社」



木々に囲まれた建物は神社そのもの

この浮き島の国は我々と同じく神様を祀って

いるのだろうか?





20160219010105044.jpeg


いったいどんな神様が居られるのだろうか?

浮き島だから空の神様かな?

だったら航空安全のお願いをしようかな!





先週の金曜日に急に左腕を曲げたら
肘が痛くなったから湿布を貼って
様子を見てたら今は大分おちついたんだけど
今度は右肘に痛みが出てきた・・・
とくに傷める様な事はしてないのに
何でだ?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

神棚

今日はお店のオープン日!

お店と工房の掃除をして、神棚に手を合わせ

お客さんをお待ちしていました。


201602212228428d2.jpeg


そんな神棚なのですがヒノキの板を

壁に止めただけの物で何だか神様に申し訳ない

気がしていました。

「いつかちゃんとした棚にしないとね!」

と言いつつひと月半が経つ・・・


このままやらずじまいになってはいけないと

思いお客さんのご来店を待ちながら神棚の

製作をしてみる事にしました。



以前からイメージは幾つか考えていたので

すぐに加工を始め1日で完成しましたよ!


20160221222843640.jpeg

日本画風の雲のイメージです!

6種類の材料で3層の奥行きを付けて

立体感を出してみました。


神棚とは言いましたが、実際はお札立て

ですね・・・(>人<;)


狭い工房だし、いかにもな神棚もどうかと

思いましてオシャレなデザイン?にと

考えてたらこうなりました。



20160221222843d30.jpeg


さらに雲の浮いている雰囲気とお札を立てかける

ためのスペーサーが後ろにあり、壁にビスを

先止めしてこちらの溝に差し込んで固定して

取り付けます。



我が工房の壁はベニヤなのでビスを止めるのは

容易で問題はないのですが、商品としての製作も

考えたいので石膏ボードの壁に画鋲で固定が

できるのかも試してみました。



2016022122284565d.jpeg


画鋲を溝に入るように形状を少し加工して

取り付けてみました。


お札を立てるだけなので、これでも大丈夫

なようですが心配でしたら1本でもビスに

しておくべきだと思います。




2016022122284668f.jpeg

■ 神棚 (お札立て 雲 )


お部屋のインテリアのような見栄えに

出来上がったと思いますがいかがでしょうか?


部屋の雰囲気に神棚が似合わないからと

目立たない棚の上に置くよりはいいのでは

ないかな。



一般的な形式ではありませんが決して

ふざけた気持ちで作った物ではありませんよ。

本業で社寺建築の仕事に携わる事があります

そのような時と同じように気持ちを込めて

製作しています!


気になる方はコメント等よろしくお願いします!




さっそく工房に取り付けて
二礼二拍一礼(>人<)
tb: 0 |  cm: 3
go page top

レトロゲーム

明日は2月最後のオープン日です!

このところブログでしかお店の紹介をして

いないのでお客さん少なめです。(>_<)


小さなお店ですが所狭しといろんな

商品をご用意していますので遊びに来て

下さいね!


そしてお店にちょっとした遊びを追加して

みましたよ。


20160220211429b08.jpeg

■ レトロゲーム筐体


レトロゲームの筐体を作ってみました〜

hiroakingが子供の頃によく遊んでいた

あのゲームができちゃうのです!


お子様連れで来店される方がいらっしゃるので

こちらで遊んで貰えたら嬉しいなぁ

hiroakingと同じぐらいの世代の方なら

懐かしんで貰えたりもするかな?





20160220211431b1a.jpeg


何でも作りたがるhiroakingの遊び心と言うか

遊び全開の作品となっております。(´▽`*)アハハ





最近はレトロゲームが人気のようで
中古のカセットの値段が高くなってるんですよ〜
子供がちょっと遊べるようなゲームをと
思って3個ほど買いましたが
これ以上の無駄使いは控えるとします。(^_^;)
皆さんのお家に眠っているファミ○○の
カセットないですか?

tb: 0 |  cm: 2
go page top

小さな浮き島

暑さから逃げるように飛行船を進めるが

なかなか気温が変わらないでいる。


船内ならジリジリと肌を焼く陽射しから

解放されるだろうと入ってみたが時すでに遅く

中は蒸し風呂状態・・・

空を飛ぶことばかりに気をとられて空調設備を

付けるのを忘れていたのだ・・・


慌てて外に飛び出し日影を探して休んでいたら

また新しい浮き島を発見した!


20160219010040bf1.jpeg


今まで見てきた島と比べるとかなり小さい。

少人数で住んでいるのだろうか建物はテント

先ほどの島と同様乾いた土地にサボテンが

生えている。



雰囲気からすると少数民族の暮らす島のようだ!


気になる事は色々あるけど飛行船の速度を落とす

事は無かった。

早く何処か涼しい場所に行きたいからね!



2016021901003931b.jpeg


■ 浮き島 「テント」



ただ前を横切って通り去ったこの島はすぐに小さな点と

なって見えなくなって行き、いつしか肌に心地よい

風が当たっているのを感じていた。







門司港グランマーケット春に出店が
決まりました! (∩´∀`)∩♪
詳しくはまた後日報告いたしますね〜



tb: 0 |  cm: 0
go page top

サボテンの村

次なる島へ到着!


・・・?

何だか体が熱い。

気候が変わるほど進んだ訳ではないのに

空気は乾き陽射しも強い、今までの浮き島より

かなり気温が高いようだ。



そこは乾いた土地に岩山そしてひときわ目立つ

サボテン。

そんな島には点々と小さな家が見えた

なかなか厳し環境でここの人々は

どんな生活をしているのだろうか?


20160127175032a5a.jpeg


容易に水は手に入るのか?

何を主食にしているのか?

他の島との交流は・・・

暑さに弱いhiroakingではここでの生活は

無理だろうね。



20160127175034b72.jpeg

■ 浮き島 「サボテンの村」



もっと近づけばこの環境でたくましく生きる

人々の生活をうかがえるかもしれないが

やめておく事にする。


決して暑さに負けた訳じゃないからね!





昨日から鼻水が止まらない・・・
本当に水の様に出てくるよ (つД`)ノ
鼻のかみすぎで鼻の下がヒリヒリするし
何だか目もむず痒い・・・
病院に行った方がいいよね?
tb: 0 |  cm: 0
go page top

会議中?

この浮き島には多くの住人が住んでいるのだろうと

次の島に着いて思った。

20160127175015ac3.jpeg


先ほどの街とは違って物静かなこの島は

大きな会議場の様な建物が建っている。


各地の島々からお偉いさんが集まって

何か難しい話をしているのだろうか?


島の真ん中には幸せを象徴するかの様な

立派な樹木が植えられている。


何処かの国にあった円形闘技場のような

建物だけれどもそんな野蛮な所では

ない事を祈りたい・・・


外部からの侵入者であろうhiroakingに

何の不信感も感じさせないのだから

きっとこの浮き島の国は平和で穏やかな

所なんだろうと勝手に解釈しておこう。




20160127175014b1f.jpeg

■ 浮き島「会議場」


そう思っていればまだまだこの旅を続けて

いられるだろうからね!





去年の今頃は何を作ってたのかな?って思い
写真の日付を確認してみたらウクレレの製作
に夢中になっていたころだったみたい。
そう言えばウクレレの記事途中で止まって
たような・・・
tb: 0 |  cm: 0
go page top

大勢で暮らす

謎が深まるままではあるが 次に見えている浮き島へと

飛行船を進めた。

謎は謎のまま知らない方がいい事もあるはずだと

思ったからね。



次の島は以外と近く すぐに島全体を確認できたとともに

先ほどまでの澄んだ空気が一変し生活臭が漂ってきた。


その島を見ればこの状況も納得がいく。



20160127175011d52.jpeg

■ 浮き島 「街」



建物が密集し積み重なる様に建ち並んでいる

小さな島にかなりの住人?が居るみたいで

狭い建物の間や窓の向こうに人影?が

ちらちらと動いているのがわかった。


どうやらこの島は1つの街のようだ!



疑問に思っていた自分と同じ人間が住んでいるのか?

と言う事なのだけど まだ確認できてはいなかったが

ビビリなhiroakingは浮き島に住む者を同じ

人だと思う事にした。

そう思い聞かせれば少しは落ち着いて旅を

続けれると思ったからだ。



201601271750131f3.jpeg


その後、遠目にこの島を一周してみたが

島の方からこちらに対して何の動きも感じる

事は無く静かに時が経っただけだった。







つまらないお話し付きの作品紹介ですが
しばらく付き合ってくださいね!
よろ〜(^人^)

良かったら コメントや拍手もお願いします‼️
tb: 0 |  cm: 0
go page top

お城を後にして

いったいあのお城にはどんな人が住んで

いるのだろう?

そもそも居るのは人間なのか?

全てが謎のままそこから一番近い島へと

向かう事にした。


キシキシキシ・・・

向かう島の方から何か音が聞こえてくる

まだはっきりとその姿は確認できないが

島の上で何か動いている様に見える。


2016012717494874a.jpeg

■ 浮き島 「風車」



穏やかな風に乗ってたどり着いた次なる島

そこには大きな風車を備えた建物があった。

ギシギシギシ

ゴトン!ゴトン!

風車の回る力で何かを作っているのだろうか?

隣りには貯蔵用のタンクらしき物も見える。


20160127175010db5.jpeg


ここは浮き島で生活する電気か何かしらの

エネルギー源を作り出している様に思える

もしやこの浮き島が浮いているのは

そのエネルギーでなのか?







気がつけばもう2月!
はやっ (ll゚Д゚ノ)ノ
早くオープン日決めてお知らせしなきゃね。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数