10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ウクレレ3台目製作 その6

今回はウクレレのボディのトップを製作します!


バックど同様にウォールナットの薄板厚さ2㎜

を用意、同じ板材ならバックとトップを

同時に2枚作っておいて、トップには見た目の

良い方を使います。




201502091055332a0.jpg


板のセンターをきめたらバックと同様に粗切り

します。

サウンドホールはセンターの印からずれない

ようにホルソーや糸鋸などで穴をあけ綺麗に

カット面をヤスリ掛けします。




20150209105535b96.jpg


サウンドホール周りに飾りのロゼッタを入れる

場合はサウンドホールの穴空け前に行います!


サークルカッターでロゼッタを入れる幅をカット

しますが2㎜厚の板なので切り込みは1㎜ぐらい

で止めます、絶対深く切りすぎないように!


切り込みを入れたら彫刻刀や蚤を使って

溝を掘ります。

コツコツ均一な深さにね!

トリマーを使うと楽ではありますが、万が一

ミスをしたらあっと言う間に大失敗につながり

ますので別の板で試してからやった方が

いいですよ!



ロゼッタ自体の製作は写真を撮り忘れていたので

チョットだけ・・・ (>人<;)


溝の深さより必ず厚めに好きなように装飾して

下さい・・・もちろん溝幅に合わせてね!

出来上がったロゼッタを瞬間接着剤やエポキシ

接着剤で接着ししっかり付いたら飛び出た部分を

削り落としてボディの面と同面にします。

この時ボディを一緒に削り過ぎないようにね!



201502091055361a3.jpg


補強材の力木これもバック面ど同様に図面上で

位置と長さを決めて製作。

バックとの違いはサウンドホール周りの補強と

ブリッジの裏面の補強となります。







2015020910553835c.jpg


ブリッジの裏面の補強材はブリッジよりも大きく

なっています。


ブリッジは弦が掛けられ引っ張られるので

それに負けない補強が必要となります!




20150209105539050.jpg



材料がそろったらボンドで接着します。

接着面にボンドを塗り広げしっかりと

接着面が重なり合うようにクリップや

プレスで固定します。

必ず当木をして表面を凹まさないように!

後ははみ出たボンドはしっかり拭き取り

1日放置してしっかりと接着させればOKです。


次はボディの組み立てだよ! (`・ω・´)ノ




きよは暑さで気分が悪くなって焦った〜
風の無い場所で作業してると急に身体が
グワァ〜っと熱くなってきて大量の汗が
吹き出てくるよ( ´д`ll)
たまらず休憩していちどクールダウン
1日その繰り返し・・・
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafe202hmg.blog.fc2.com/tb.php/607-0aa71ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。