FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

CAFE’202 ハンドメイドグッズ

『CAFE'202』はカフェではなくてハンドメイドの雑貨屋です。 木やアイアンを使った作品を作っています!

ウクレレ 2台目 その5

指板にフレットの溝を切ります。

写真がありませんが前回同様に慎重に手鋸をひきます!


前回はフレットの溝の幅が狭く切り直しをすると言う

ミスがあったので今回はフレットの打ち込み幅に合った

刃厚を合わせた鋸刃を使いました! (^_^)



溝切りを終えた指板とネックの接着はねじれが出ないように

これまた慎重に接着します。


(接着材を付けて貼り合わせる時にプレスなどで固定する

のですが締め付けているとズルっと位置がずれる事が

あります、しっかり固定する寸前まで位置のずれがないように

確認を!)



貼り合わせて1日置きネックに合わせて指板を削り

やっとボディーとの接着に移ります。


この作業もボディーの中心とネックの中心か真っ直ぐ

通るようにと、ボディーの表面と指板の面も水平に

なるように細心の注意をはらって接着!



20150209105616f65.jpg


そしてやっとここまでたどりつきました! (´Д` )


ここからは塗装作業に移ります。

前回ブリッジを付けてから塗装したら非常にたいへんだったので

この状態で塗装していきます!

(スプレー塗装の場合はマスキングすればブリッジは付けて
いてもいいと思います。)


うまく出来るかまだまだ自信のないシェラック塗り・・・

諦めてラッカー吹けばいいのだろうが材料がまだ大量に

余っているのと練習と言う事で再度頑張ってみます!





20150209105618ac0.jpg



もう何度塗りしたか覚えてはないですが3・4日かけて

地道に塗り塗りしました。

雰囲気的にまだ塗り厚を出したいところですが

根気負けして作業終了〜 ( ´д`ll)



201503020116500d0.jpg


ブリッジの位置を決め記しを付けて塗装面をサンディングして

荒らし接着面をつくりブリッジの接着!


やっと神経質な作業が終わりです。 ♪d(´▽`)b♪


後は取り外し可能なパーツの取り付けですが

弦を張るまでは上手く仕上がっているのかわからない

のが楽器作りの難しい所ですね〜







ranking

だらだらと書き綴っているので興味ない人には
つまらないかな・・・
他の記事を挟みながらウクレレの製作記事を
載せていきますね (^人^)

応援にコメントよろしくです!

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 2台目 その4

すっかりウクレレの記事の続きを書くのを

忘れていました! (。>ω<。)ノさ〜せ〜ん


2台目のボディーまで完成してましたよね・・・

実のところすでに全て出来上がってしまいましたが

続きをみてください!



2015020910523794d.jpg

黒檀でサドルの製作です。たしか1台目と同じ作りになっていますが

接着面を広くしてギターのサドルの様な形にしてみました。


2015020910523812a.jpg


玉止めした弦を下から差し込んで引っ掛けるタイプ

次回のウクレレは弦を通して結び止めるタイプにしてみたいと

思っています。


ここの違いで音に変化が出たりするのかな?




20150209105240ee0.jpg


次はネックと指板の製作、ここまでは難しくないけど

この後からが大変なんですよ!(´Д` )

正確、精密な作業がまってる・・・




ranking

スンマセン!
随分と製作して日にちがたったから、その時の事が
思い出せなくなってしまってる・・・
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 2台目 その3

今回は2台目のボディーの組み立てです!


20150209105125ace.jpg

バックは前回と同じウォールナットの板で

厚みは2mmです。

サイドにタイトボンドを使って貼り付け1日放置して

しっかり取り付けます。

接着後はサイドからはみ出た部分をきれいに

トリマーで削り取り仕上げました。




20150209105147fbb.jpg


バックとサイドの接着をしている間に

トップの裏面に力木とサドルの補強材を

接着しています。



20150209105150825.jpg


いよいよボディー組み立ての最後の工程です。

バックを接着した物を型に合わせてみると

トップを貼り付ける部分に歪みがあって

そのままトップの板を着ければ形がおかしく

なってしまいます。

そこでボディーの内側に突っ張り棒を仕込んで

形を整えてトップの貼り付けをします。


もちろん突っ張り棒は最後サウンドホールから

取り出せるようにしてますよ!


(本来突っ張らなくてもいいように型にピッタリ

収まるような作りができないとダメなの

でしょうね・・・ σ(^_^;) )




2015020910515232a.jpg


今回は大きな失敗もなく無事に組みあがりました!

中が空洞だから叩くといい音がするよ〜♪

形になってくるるとウキウキしてくる! (・∀・)ニヤニヤ

さて次はネックやらなんやらまだまだ作業が

残っていますが楽しみです。




ranking


昨日は仕事でカンナがけをしました。
破風板を仕上げたのだけど
一枚仕上げたら腰に限界が・・・
今日は朝起きたら腰がいつもにまして痛い
(≧ヘ≦)ズキッ!
無理しないように頑張ります!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 2台目 その2

2台目のウクレレのトップ(表板)は

メイプルを使用してみました!

エレキギターのボディーには使われているみたい

ですがウクレレではどうなんでしょう?(*´ω`*)ゞ



前回はサウンドホールを小さく開けてしまいましたが

同じ失敗をしないように、ちゃんといいサイズに

開けました!


少しでも良い音が出てくれるといいなぁ〜🎵



2015011920523595e.jpg



今回のロゼッタは種類の違う木材で飾り付けを

試みましたが、もう少しメリハリのある色味に

すればよかったなと完成後に後悔・・・

試作もせずにぶっつけ本番ってのが悪いよね〜

σ(^_^;)



本当はもっとかっこいい飾りにしたかったけど

私にはまだまだ難しくこの程度です・・・



201501192052349f5.jpg


さて次回はボディーの組み立てになりま〜す!

頑張るぞい! (。>ω<。)ノ






ranking

最近はコツコツ仕事帰りに一作業してます。
少しでもイベント用に何かつくらなくちゃね!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 2台目 その1

おさぼり癖が出てしまい

だんまりブログになってしまい

すみません (>人<;)


頑張って更新します!



2台目のウクレレの製作を紹介して行きますね!


今回はサイドを桜、ボディーのトップをメイプルで

作ります。


20150119205153cc3.jpg



サイドの桜の板が幅が広い物がなく50㎜と

前回より10㎜浅めになります。


1台目に比べたらきっと音の大きさが

小さくなるのでしょうね・・・




201501192052386db.jpg


前回の失敗などがいい経験となり

作業がはかどります。


我流ながら手順と作業方法がわかってると

不安も少なく手が動きます!




201502091051194d1.jpg


はじめはこの形を作るのに何時間費やした

のだろう?





ranking

今月末はグランマーケットの出店があるから
何か新しい商品を用意したいのだけどなかなか
いい物が思いつかない・・・
イベントは楽しみなんだけどね〜!
頭が痛い ( ´д`ll)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ 完成!

こんにちは

念願のウクレレ第1号完成いたしました!

(人゚∀゚*) これでウクレレデビューできます!



20150304214339727.jpg


さっそくコードを押さえてポロ〜ン♪

いい音なんだか悪いのか始めてなので

サッパリわかりませんが、ちゃんと弾けて

感動です!


今までの木工ではカホンを作ったけど

それを何倍も上回る嬉しさ。

とにかく自己満足のひと作品となりました!






20150304214340c91.jpg


裏面のウォールナットの木目が綺麗じゃないのが

今となっては残念に思う・・・

寄木して左右対称の木目を出せればよかったかな。




2015030421434357b.jpg



このヘッド部分にネームを入れたかったけど

とくに良いネームが思いつかなかったので

名無しですσ(^_^;)


何かひらめいたら描く事にします。





20150304214404383.jpg



ウクレレはギターと違ってブリッジ部分がいろんな

作り方してるんですね。

今回は弦の端を結んでできたコブが穴に引っかかる

仕様になってます!




201503042144067be.jpg



そしてココ!

失敗したサウンドホール・・・ (T_T)

弦の幅より小さいでしょ

きっとまだ大きくしなきゃいけなかった

のだと思う、しっかり寸法の確認しながら

作業していたら間違わないですんだだろうに

勢いって怖いです。

弦を弾いた振動がサドルを通してボディ内で

反響するらしいのでちゃんと音は出ますが

大きければもっと大きな音が出たのかも

しれません。





20150304214403e5d.jpg



何日もかけて塗ったシェラックの仕上がりは

所々塗りむらができてしまったけど

始めてにしては良かったんじゃないかな?

多分・・・σ(^_^;)


とにかく難しいのねシェラックって

きっとウレタンやラッカー塗装のほうが

無難に仕上がるかと思いました、だけど

まだシェラックの材料が余ってるんだよね〜

ダメになる前にに使い切らなきゃ行けない

ウクレレ以外に何に使ったらいいのだか?




201503042144216d6.jpg

◾︎ウクレレ (ソプラノ)

素材 ボディ表 : 栂
ボディ 裏 : ウォールナット
ボディ サイド : チーク
指板・ブリッジ : 黒檀
ネック : ペルポック
サドル・ナット : メイプル
仕上げ シェラック・オレンジオイル





ranking

ウクレレ作りたい!って思ったりしましたか?
今回の作り方では正直大変でした・・・
でも、DIYで作るウクレレの本の通りに
やれば木工をやってる方なら出来ると思いますよ!
もっと簡単なウクレレのキットとかもネットで
買えますしね!
よかったらチャレンジしてみて下さいね〜
なかなか楽しいですよ ∩(´∀`)∩ワァイ♪
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ ネックの取付終わってしまいました・・・

無心になって黙々と作業が続きネックは取り付けるは

サドルにブリッジなど他のパーツまで製作して

ほぼ組立が終わってしまいました・・・

これじゃあどんなふうにできてるかわからんですな。


本での紹介は糸巻きが木製だったのですが

ギター用のペグを取付けて弦を張って音の

確認もしました。


ちゃんと音が鳴った時は本当に感動!



201502091056113e5.jpg


見た目の悪い写真ですが始めてのウクレレ製作なので

音のチェックをまずしたかったのでまだ塗装を

してなかったのでこれからは仕上げの塗装です!





20150209105613228.jpg



以前に自分のギターのリペアをした時は

ラッカースプレーでの塗装だったので

今度はもうちょっといい仕上がりにしたいなぁって

思ったのでまた楽器の塗装について調べてみました。


その中でやはりラッカー塗装が多いいみたですね・・・

「またラッカー吹くか〜」なんて言いながら他にも

無い物かと調べ続けていたらかわった塗装法を

見つけました! ∑(゚Д゚)


楽器の事をご存知な方なら知ってるのかもしれませんが

私は始めて知った塗装で「シェラック」と言う物です。


どんな物かと言うと素材はラックカイガラ虫が樹液を

吸って体外に分泌した物質を精製した物との事で

天然素材らしい!


古いバイオリンなどに使われていたり気になる!

これは試してみようと早速注文しました。



届いたシェラックはかなり薄い飴が固まったみたいな

物でこれを溶かして何度も薄く塗りつけるらしい・・・

説明どうりに数日かけて塗ってみました!




201502091056142b8.jpg


なんとか光沢のあるシェラックの層ができました。

蛍光灯の光がくっきり見えますね〜

しかし光が歪んで見えているので下地の板の

歪みが整えきれていなかったようで残念・・・

未熟者ですね〜 (ρ゚∩゚) グスン



ranking

次回は完成写真を載せたいと思います!
やっとウクレレの練習ができるぜ〜 (∩´∀`)∩♪
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ ネックの製作

今回はネック部分の製作です!

ウクレレの作り方の本を参考にと言うか

本に載っている型紙を使用して作りました。

20150119205158c79.jpg


没頭してしまって途中の工程の写真がありません・・・

(*´・人・*)ゴメンナサイ



使用した木材料はペルポックです、木の乾燥状態が

よかったのと削りやすさで選びました。

始めてだからまずは加工性がいいほうが作業が

進むのであります。

本来はマホガニーやメイプルとか使ったりするのかな?



20150119205156e6e.jpg


指板は黒檀を使ってみました!

やはりココはいい材料を使いたい所です。

(最近はホームセンターでもこのサイズぐらいだと
丁度いい物が売っているのを見かけました)


そしてフレットは製作本では針金を代用していましたが

ここはしっかり本物使用、ネットでギター用の

フレットを購入し打ち込む事にしました。


ここで重要なのはフレットを打ち込む溝です

とにかく型紙どうりに歪まないよう手鋸で

切込みを入れるのですが、ここでまたやらかしました!

(>_<)


フレットが届く前に先走って切ったため刃厚が

薄く後で溝を切り直すと言う愚かな失敗をおかして

しまいました・・・

(なぜ届くまでの数日が待てないのでしょう?作り出すと

止まることを知らない無鉄砲者)



まぁ、なんとか乗り越えてポジションマークまで入れ

形は完成!



2015011920515520e.jpg


次はボディーにネックを取付です!

だんだん形になって行くよ〜♪

楽しくてしょうがないです (。>ω<。)ノ




ranking

hiroakingのギターの腕前はコード弾く程度の
レベルでしてウクレレもきっと上手く弾ける
気がしない・・・
そんな人間がウクレレ作って良し悪しが
わかるのでしょうかね〜 σ(^_^;)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ ボディー部分の製作

こんにちは


ライニングの接着後の作業にうつります!

ボディーの表裏にはる板の製作ですが

厚みを2mmほどに削った板が2枚必要です。


表はスプルスを使いたかったのですが材料がなく

似たような雰囲気なるかな?と思い

今回は栂を使用しました。

裏板は以前製材したウォールナットの残りに

丁度いい物がありました♪




201501192051298b2.jpg


サウンドホールにはロゼッタと言う

装飾を入れかっこよくしたつもりですが

実はちょっとしたミスが・・・^_^;

この時点では気づく事なく進めていました。



201501192049498ed.jpg

201501192051312a6.jpg



とにかく薄い板なので裏には補強の木を接着

しています。

ブレイジング(力木)と呼ばれる補強材料ですが

その他にも音の反響に大きく影響を与えるので

実際は材質・サイズ・形・配置など奥が深い

ようです。



次はボディーの組み立てに移ります!

形に側板をしっかり合わせて歪みが出ないように

接着します。



201501192051272ba.jpg


裏が終わったら表の接着!

これを付けると今後ボディーの中を

触る事が出来なくなります、失敗の無い事を

祈りながらの組み立てです。(ll゚д゚ll)

(残念な事にまだミスっている事に気付いてない)




2015011920512597b.jpg


接着後、側板の面に揃うように表と裏の板を

綺麗に削りボディーの完成です!( ´д`ll)


普段の木工では味わえない達成感!

やれば出来るじゃないかhiroakingと

自分で自分を応援して次の工程へと進みます。


しかし、まだまだ先は長いのです・・・






ranking

そうそうサウンドホールのミスなのですが
大きさを勘違いしていたんです・・・(T_T)
完成後明らかになりますのでそこのところも
お楽しみに〜!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ウクレレ サイド(側板)の組立

ウクレレ製作開始から数日後です。

製作は進んでいますがブログの更新が遅れてる・・・

(*ノω<*) スァーセン!


側板もなんとか使える物ができて型板に合わせて

繋ぎ合わせました。

本物のウクレレの作り方かどうかはわかりませんが

それなりにギターの製作などを調べて作っています。




20150119205128667.jpg


写真の状態は側板を型に合わせてカットして

補強の板を使って繋げ、トップとバックを

接着するためのライニングまでを取付けた所です。


なんとか形になったって所ですね! (^_^


ライニングは細い木材を切り落とさないように

鋸目を入れて蛇腹のように曲がるように加工

しました。


とにかく始めてだから材寸やら溝の幅・切り残しは

何個か製作して使いやすい形にしてみました。

本来はきっと接着面と補強それにボディー内の

音響と考えて作ってるのだろうと思いますが

音響に関してはサッパリわかりません・・・

出来てからのお楽しみであります。

(どなたか詳しい方教えて下さい!)





ranking

実はこの状態になるまでに一個失敗をしました。
(>_<)ク〜
と言うのも、この時期(冬場)は温度が低くて
接着剤の硬化不良により失敗です。
ボンドを着けてクランプで固定して作業終了
後日クランプを外してみたら付いてたり付いて
なかったりとまだらに・・・
作業場が外気温と変わらない寒さのためでした。

今はヒーターを近くに置いて接着するように
しています!
(当て過ぎると今度は木が割れるよ・・・)

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

参加ランキング

アクセス数